2018年05月11日

お肉は、しっかり焼きましょう

これからの季節、バーベキューをする機会も増えてまいります。
生や加熱が不十分な肉を食べると、腸管出血性大腸菌(O157など)、
サルモネラ、カンピロバクターなどの食中毒にかかる危険性があります。
とくに屋外でのバーベキューでは、炭で焼くことが多くなります。
炭火は、遠赤外線で中まで焼けるのが特長ですが、炎が上がった状態で
焼いた場合、外は黒こげでも中まで火が通っていないことがありますので、
十分注意してください。
また、食材は小分けにし、保冷剤を入れたクーラーボックスなどに保管し、
焼けた肉や野菜などを汚染しないように、生肉を扱うトングや箸を使い分け
、手洗いにも気をつけましょう。

参考:
厚生労働省 ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049964.html
(You Tube配信)
https://www.youtube.com/watch?v=Hh5Gl4ESsPk
posted by 香川県食協 at 16:11| お知らせ